バイオリンの始め方マニュアル(バイオリンの購入先)

バイオリン初心者

一般人にはなかなか敷居が高いと思われているバイオリン。

 

「かっこいいけど、自分とは縁のない世界」

「バイオリンをやるお金がない」

「独学で始めるにはハードルが高すぎる」

 

など、いろんな理由があなたの目の前にたちはだかります。

そんなあなたに、これから独学でバイオリンを演奏するまでの道のりを紹介していきます!

 

バイオリンを始めるのに必要なもの

バイオリンを始めるには以下のものを用意していきます。

  • バイオリン本体
  • 松脂
  • 肩当て
  • バイオリンケース
  • 楽譜
  • 譜面台

今回はバイオリンについて見ていきましょう。

 

 バイオリンが買える場所

バイオリンの値段は様々です。数千円から数億円!と幅の広い値段設定がされています。

現在、バイオリンが購入できる場所は以下のようなものがあります。

・バイオリン専門店

・YMAHAなどのバイオリン取り扱い店

・Amazonなどのインターネットショップ

 

バイオリン専門店

バイオリン専門店では、店内のいたるところにバイオリンがディスプレイしてあります。

プロが使うバイオリンは専門店にあります。

なかなか初心者の方には入りにくい雰囲気がある場所です。

ここでは、大体6-8万円前後から売っています。

music plaza

magico

予算を言って、その値段に合う楽器をいくつか出してもらい、実際に演奏してみて楽器を選びます。

完全初心者ですと、演奏できないのでお店の人に演奏してもらいます。

 

先生に習っている人だと、先生に付き添ってもらったり、おすすめを聞くことができますが、独学の人だと自力で選ばなくてはいけないので、音の良し悪しを決めるのはなかなか難しいです。

 

YAMAHAなどのバイオリン取扱店

専門店よりは、居心地の良い空間が広がっています(私は専門店大好きですよ)

初心者の方でも知っている、大手メーカーですので初心者オススメセットなども売っています。

amazonなどのインターネットショップ

初心者の強い味方、なんと4280円からありました。

レビューもあり、

私も、数年前に5000円位のバイオリンを購入してみました。

結論から言うと、

・チューニングができない(正しい音が出せない)

・弦がすぐ切れる

・弓の毛の張り方が均一ではない

 

と言う難点がありました。

 

音や難しいことはいいからバイオリンがどんなものか触ってみたい!!

という人には良いと思います!

 

とりあえず、音は鳴ってくれるはずです(松ヤニはつけてくださいね)

 

しかし、YouTubeにあるレッスン動画の先生と同じ音が出したい場合には、しっかりと弦を調弦(チューニング)する必要があります。

 

この場合には、楽器をメンテナンスする必要があります。

少なくとも

・駒の取り替え

・弦の張り替え

 

の2つは必須です。

どうしても予算がない方に、5000円のバイオリンをメンテナンスしてお貸ししたことがあります。

amazonで買ったけど、うまく調整できないという方向けにまた別途で記事を書きます。

 

まとめ

バイオリンを買うにあたって、どんな場所で買えるかがわかったでしょうか。

初心者の方はいきなり高いものでも、、と躊躇されると思うので、その場合は安いもの(格安バイオリンは要メンテナンス)からはじめて、次にちゃんとしたバイオリンを選んでみると良いと思います。